EndNote® オンライン 目次 | 索引 | 用語集 | ヘルプの検索 | テクニカルサポートの検索 | クイックレファレンスカード
書誌事項スタイル

長い年月をかけて、多数の機関が刊行物に対してそれぞれのスタイルガイドを作り上げてきました。特定分野でのみ使用されるスタイルガイドもあれば、より幅広い分野で使用されるスタイルガイドもあります。スタイルガイドは、引用および書誌事項のフォーマットだけでなく、句読点や余白設定などのより一般的な問題に対するガイドラインを提供します。

最もよく使用されるスタイルガイドのリストを以下に示します。

一般的に使用されるスタイルの例
研究分野 スタイルガイド 追加情報
生物科学 CSE Style Manual C-S / N-Y Council of Scientific Editors のスタイル。C-S スタイルは番号付き引用スタイルです。N-Y スタイルは名前と年引用形式に沿っています。
科学 Harvard BS 5605:1990(British Standard)。Harvard システムは、ページのフォーマットやレイアウトではなく、レファレンスに含まれる情報の順序とコンテンツを規定しています。一貫性がある限り、さまざまなレイアウトを使用できます。
化学 ACS American Chemical Society
工学 IEEE Institute of Electrical and Electronics Engineers
人文化学 Chicago 16th A / B Chicago Manual of Style
人文化学 Turabian A Manual for Writers of Research Papers, Theses, and Dissertations, Seventh Edition: Chicago Style for Students and Researchers (Chicago Guides to Writing, Editing, and Publishing)
全般 注釈 アルファベット順に並べ替えられた書誌事項と抄録を含む汎用スタイルです。
全般 著者-日付 Harvard スタイルガイドも参照。
言語学 MLA Modern Language Association
医学 JAMA American Medical Association Manual of Style, 9th Edition
医学 NLM National Library of Medicine(2001 年に公開された Supplement: Internet Formats を含む)
医学 Vancouver / UNIFORM Requirements International Committee of Medical Journal Editors
心理学 APA 6th American Psychological Association
社会学 ASA Style Guide American Sociological Association
物理学/化学 AIP Style Manual 4th Edition American Institute of Physics Style Manual 4th Edition

どのスタイルを使用すればいいですか?

使用する書誌事項スタイルが不明な場合は、「研究分野」を参照してください。

 


Documentation Version 3.8.1
2007 年 7 月 18 日更新