EndNote® オンライン 目次 | 索引 | 用語集 | ヘルプの検索 | テクニカルサポートの検索 | クイックレファレンスカード
レファレンスの入力

新しいレファレンスを追加するには:
  1. [収集] タブで [新しいレファレンス] リンクをクリックします。
  2. [レファレンスタイプ] ドロップダウンリストボックスで、適切なレファレンスタイプを選択します(詳細については、「レファレンスタイプ」 を参照してください)。選択したレファレンスタイプ用のフィールドがページに表示されます。
  3. レファレンスの各フィールドに書誌事項データを入力します。 引用および書誌事項を適切にフォーマットするのに必要な最も一般的な [レファレンス] フィールド は、[書誌事項] フィールドにあります。
  4. 展開した [グループ] セクションで、グループの隣にあるチェックボックスをオンにしてグループにレファレンスを追加します。

以下の手順にしたがって、レファレンスに YouTube ビデオを手動で組み込むことができます:

  1. 視聴覚資料レファレンスタイプの [コンテンツ] フィールドに "Embedded Video" (大文字と小文字を区別)を保存します。
  2. [データベースプロバイダー] フィールドに "YouTube" (大文字と小文字を区別)を保存します。
  3. [URL] フィールドにビデオの URL を保存します。パスに "v=VIDEOID" を含めてください。

ノート: この機能は視聴覚資料レファレンスタイプ向けに用意されていますが、他の一部のレファレンスタイプも組み込みビデオをサポートしています。レファレンスタイプに [コンテンツ]、[原版]、[履歴] フィールドが含まれる場合、これらの手順を使用してビデオを組み込むことができます。

ライブラリの構築

ライブラリには、取り込みオンライン検索インポート機能を使用したり、手動入力により、最大で 10,000 件のレファレンスを保存できます。

著者名を入力するにはどうすればいいですか?

ヒント

  • デフォルトでは、オプションフィールド(抄録を含む)は、画面から隠されます。
  • EndNote オンラインで入力または編集するレファレンスには、次の書式オプションを利用できます: 太字、斜体、下線、上付き、下付き。

 


Documentation Version 3.8.1
更新2014 年 2 月 11 日